【PUBG】「アサルトライフル用補正器とスナイパーライフル用補正器って少し性能が違うけれど、DMRに使用したら違いはあるの?」実際に検証してみました!

過去データマイニング時点での補正器の性能差

アサルトライフル用補正器 装着部 マズル
-25.00% 反動パターン

-10.00% 横反動

-15.00% 縦反動

-10.00% 弾拡散

スナイパーライフル用補正器 装着部 マズル
-25.00% 反動パターン

-20.00% 横反動

-20.00% 縦反動

弾拡散はS12Kにのみ適応される効果なので、その他の横反動と縦反動の軽減の数値が違います。

もしこれで『横-10%、縦-5%』が違ってくるのであれば、DMRに対してはスナイパー用補正器のほうが価値が高くなります。

 

実際に検証

SKSだとタップの速度で差が出てしまうので、Mk14で検証しました。

装着次点で、マズルに装着時のグラフィックは少し変わることが分かりました。

 

アサルト用とスナイパー用を交互に同じ場所にフルオートで射撃しました

 

横も縦も差を感じれなかったので、もしかするとこの性能は修正、もしくは適応されていないかも知れません。

DMR自体の反動にばらつきがあるので、それによって縦5%の差を感じれなかっただけかも知れませんが、

ボルトアクションのスナイパーには補正器の効果が無いので、アサルトライフルもDMRもアサルト用の補正器で事が足りそうですね。

RIPスナイパーライフル用補正器

 

関連記事

[st-card id=20352] [st-card id=20321] [st-card id=20363]

8 COMMENTS

匿名

ま、まあスクアッドならAR補正器は需要が多いし……SRで代替するって手もね?

匿名

これだけじゃ検証ってレベルですら無い気がする

匿名

ほならねお前が検証すればって話ですよ定期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。