PC版 速報・新情報

【PUBG】「FortniteのことをPUBGCorp.が著作権侵害で訴えていた!?」ゲーム内UIなどの様々な類似点を持っていると関連資料を公開

投稿日:

PUBG Corp.が1月には、「Fortnite Battle Royale」をサービスしているEpic Gamesを相手に著作権侵害禁止仮処分申請を出したことが明らかになった。

PUBG Corp.の関係者は「1月に著作権侵害禁止仮処分申請を出したのは正しい。訴訟の具体的な背景と進行については、現在進行中の事案のため言及は難しい」と明らかにし、Epic Gamesの関係者は「訴訟関連は進行中の事案であり言及できない」と伝えた。

PUBGは、昨年9月23日「Fortnite」バトルロイヤルモードとPUBGの類似性を示した。
当時キム・チャンハンPD(現PUBG Corp.代表)が「PUBG」の開発グループはバトルロイヤルモードの開発とは何の関連がないにもかかわらず、類似している部分について遺憾を表しており、パートナー関係を結んできたEpic Gamesが類似のゲームモードを出したことに対して残念だという立場を表明した。

当時PUBG Corp.は、Fortnite Battle Royaleが約11以上の部分で「PUBG」との類似性を持っていると明らかにし、関連資料を公開した。
この資料は、Fortnite Battle Royaleのミニマップと照準線などゲーム内UI、体力回復システム、プレイする最大人数などが「PUBG」との類似性を見られると指摘した。

一方、Fortniteがネットカフェサービスを準備しているだけに、この訴訟により、その日程に支障が生じないかという懸念も提起されている。
これに対してネットカフェサービス契約を引き受けたNeoWiz側両社共に訴訟に関連する回答はしないという立場を明らかにした。

NeoWiz関係者は、「訴訟の事実は認知しておらず、当社は、Epic Gamesと国内の安定したサービスを提供するための協議を進めるだけだ」とし、「現在のネットカフェサービス遅延は、訴訟とは無関係で、今まで申し上げた通り最適化と完成度を高めるためのもので理解してほしい」と伝えた。

引用元:'더 이상 파트너 아니다' 펍지, 포트나이트 저작권 침해 가처분 신청 원문보기


-PC版, 速報・新情報

Copyright© ポチンキ速報 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.