【PUBG】「敵のパーティにばれることなく全滅させてやったぜ!!」TPPモード+クロスボウは最強の戦術?

1海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

 

2海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

復活させる前にみんなジャンプで駆けつけてるの面白いwwwww

 

3海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

>>2
めっちゃワロタ

 

4海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

復活させる前に家に入るべきだった

 

5海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

>>4
彼らはどこから撃たれたのか分からなかった

 

6海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

>>5
家のもっと奥にいくべきだったよね
ドア開いているとはいえ、一応中に入ったから安心しちゃったのかな

 

7海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

素晴らしい忍耐力

 

8海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

>>7
感謝します

 

9海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

これが出来るからTPP楽しいし、嫌いって人もいる

 

10海外のPUBGプレイヤーさん : ID:

敵のVCを聞きたいな
なんて報告してたのだろう?

 

引用元:This is why the crossbow is my favorite

関連記事

[st-card id=24271]

7 COMMENTS

匿名

やるなぁ

【名誉毀損どうぞ】「警察かかりつけの精神保健指定医に事実確認を」高須クリニックの高須克弥は、警察を退職した保護司など高齢者約百名が共同体となって2005年頃から2chなどインターネットサイト上で行ってきた、 気に入らない書き込みをする、大半が若者であるネットユーザーに対し、公権力を不当に行使して個人情報を調べ上げると、実在する暴力団を装い、ネットユーザーを精神的に追い詰める集団犯罪活動に加担してきた。暴力団の恨みを買い、住所氏名等を知られたと思い込んだネットユーザーは、凄まじい恐怖と共にパニックになり、自サツをしたり、無関係の人に対してのサッ傷事件を起こすこともあるが、活動は証拠が残らないように行われてきたためにこれまで表沙汰になる事はなかった。しかし、全国の警察署かかりつけ精神保健指定医が、ネットに書き込んだことで不可解なパニックを引き起こし、警察沙汰となった人を数多く見てきており、彼らがこの、法や倫理、人権を無視した極めて非人道的な活動の事情をよく知っている。高須と高齢者たちはこの活動を「教育」という大義名分をもって行ってきたが、あくまでそれは聞こえのいい口実であり、その実態は、彼らにとっての若者いじめであり、ストレス解消の趣味である。 メンバーの大半が警察OBである彼らに警察は口出しをすることができずに、事実上、やりたい放題となっている。

匿名

クロスボウは友釣りが楽しい
自分も使うけど音しないから位置把握しづらいっていうのもあるけど
銃声するのに比べて警戒心も湧きづらいっぽいのよね

匿名

クロスボウに味方がやられても、自分が当たるわけがないみたいな慢心もあるよなぁ
すぐ近くで撃たれても音の発生方向がまったくわからんし

匿名

これ意図的に作られた動画じゃないか?最後に倒された奴の名前の戦績を見ると
今月購入して、NA鯖でTPP2回、FPP1回しかプレイしてないぞ???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。