PC版 スマホ版 速報・新情報

【PUBG】「デスクトップPCとの性能差はほとんど無い!?」GP63 Leopardを使ってPUBGをプレイしてみました!

投稿日:

GP63 Leopardの特徴

リフレッシュレート120のゲーミング液晶パネルを搭載!
リフレッシュレートとは?
1秒間で画面を更新できる回数のことです。一般的なモニターだと60Hzが主流です。

 

Steelseriesとコラボレーションした耐久力に優れたキーボード!
人気ゲーミングデバイスメーカーSteelseriesとコラボレーションした、高い耐久性を持つゲーミングキーボードを搭載。
3ゾーンのRGBバックライトを搭載しているので、自分の好みに合わせてイルミネーションを変更できます。

 

MSI独自ソフト「GAMING MODE」
自分でカスタマイズしようと思うと、なかなか難しいシステムの最適化やRGBバックライトの設定を独自ソフトで簡単に変更可能です。

 

黒を貴重としたデザインと使い勝手の良さ

15.6インチのディスプレイとキーボードが美しくまとまっており、高級感のある見た目です。

テンキーやWEBカメラ、UBS3.0などが搭載されており、PUBGをするのに必要なデバイスはマウスとヘッドホンさえあれば、快適なプレイが可能です。

ベンチマーク

CPUベンチマーク

Cinebench R15で計測したところ、「922」のスコアを計測しました。

ゲームをプレイするのには全く問題なく、快適にプレイできるスコアです。

 

3Dベンチマーク

3DmarkのTime Spyで計測したところ、「4053」のスコアを計測しました。

こちらもCPUのスコアと同じで、ゲームを快適にプレイするのに十分なスコアです。

 

実際にプレイしてみて

実際にGP63 Leopardを使用してPUBGをプレイしてみました!

グラフィック設定はこのようになっております。

  • 画面スケール - 100
  • アンチエイリアシング - 非常に低い
  • ポストプロセス - 非常に低い
  • 影 - 非常に低い
  • テクスチャ - 高
  • 効果 - 非常に低い
  • 植物 - 非常に低い
  • 距離を表示 - 中

モニターが120hzに対応しているので、一般的なノートパソコンでプレイするより快適にゲームをプレイすることが出来ました。

 

フレームレートはトレーニングモードで100-120FPS、プレイヤーの密度が高いSanhokの激戦区では60-80FPSをキープしており、基本的にストレスがなくプレイが可能でした。

サウンドも金メッキ加工されている出力プラグに、いつも愛用しているイヤホンを使用したのですが、全くノイズがなく、敵の方向もきちんと確認出来ました。

普段プレイしているデスクトップパソコンとの差を感じたところをあえて上げるのであれば、画面のサイズのみでした!他の部分はデスクトップPCと変わらず、どんな場所でも快適なプレイが可能です!

 

その他にもゲームを有利に進められる機能がたくさん!

全ての詳細はこちら

https://jp.msi.com/Laptop/GP63-Leopard-8RE-828JP.html

 

購入はこちらから!

ビックカメラ GP63-8RE-1225JP

https://www.biccamera.com/bc/item/4917034/


-PC版, スマホ版, 速報・新情報

Copyright© ポチンキ速報 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.